「暮らす人が気持ち良く暮らせるように」

「引っ越してくる人が気持ち良く入居できるように」

ひたすら、それだけを考えてクリーニングしています。

▶︎ステンレスシンク

さいたま市白幡のマンションのキッチン。

20年使い続けたシンク。たくさんの料理を作った思い出の傷を研磨しました。

研磨は、毎回、どこまで光らすか悩むところですが、

生活するには、このくらいがちょうどいい光加減だと思います。

▶︎浄水器の蛇口

浄水器の蛇口の中。

ネジ山に、黒い水垢がつまっています。。

​分解するのは簡単ですが、普段のお掃除では見落としがち。だからこそ、ハウスクリーニングでは、必ずチェックするところです。

特に、飲み水が出る浄水器の蛇口は、きれいにしておきたいところです。

▶︎洗面台 コーティング

洗面台のクリーニング&コーティング。

クリーニング&研磨で、輝きも戻りましたが、コーティングを施して、新品のような輝きを取り戻しました。

日々のお掃除が簡単になります。

▶︎バスルーム カラン

浦和区常盤の2DKのバスルーム。換気が弱いバスルームで、いたるところに、カビ。石鹸カスを餌に、カビが増え続けていたようです。

​新しい入居者が気持ち良く生活していただけるよう、ピカピカに磨き上げました。

アングルが違うので、別物に見えるでしょうが、正真正銘、同じものです。

▶︎洗濯機用の蛇口

​洗濯機用の蛇口です。磨いている途中でカメラの存在を思い出したので、ビフォー写真も、少し光っていますが・・・青錆が出ているのがわかりますでしょうか?

錆とカルキの塊を取り除いて、ピカピカに磨きました。

​「光る物は、光らせる」はハウスクリーニングの鉄則です。

▶︎洗面台の排水溝

​排水溝の流れが悪く、覗いてみると、ヘドロが詰まっていました。
とりのぞけるヘドロを取り除いたら、ほとんどが髪の毛。これが悪臭の原因です。

その後、排水管を傷めないエコ洗剤で、きれいに。カルキの塊も磨きました。

ペンライトで、奥まで覗いて、汚れが残っていないか、チェックします。

▶︎洗濯機用の排水溝

脱衣所床のワックスがけをご希望のお宅。洗濯機を移動させて、ついでに、排水溝の中をクリーニングしました。これはおまけだったのですが、洗濯機から出た繊維の塊が排水溝から出てきました。排水溝の汚れ自体はたいしたことなかったのですが、つまり・悪臭のの原因です。施主様も、出てきたものの量に驚かれていました。洗濯機からの汚水があふれる前に対処できてよかったです。

▶︎洗面台の蛇口、水栓レバーの分解・クリーニング

​これは、洗面台のクリーニング&コーティングのご依頼でした。

コーティングを施しますと、輝きが蘇りますので、パーツの隙間のちょっとした汚れが逆に目立ってしまうのです。ですから、分解できるものは、分解して、見えない汚れもきれいに取り除いてから、組み立てます。お客様にはわからないところですが、私たちの小さなこだわりです。

▶︎クッションフロアの剥離&ワックスがけ

脱衣所のクッションフロアです。落としたピン留めが、クッションフロアの上で錆びてしまいました。他にも、あちこちに、赤い点々とした汚れが。

家庭用ワックスで、汚れを取り除かずにワックスをかけてしまっていたようなので、古いワックスを剥離し、汚れをきれいに取り除いて、新しくワックスをかけました。

汚れをワックスでコーティング、ご自分でよくお掃除をされる施主様宅によくあるパターンです。

▶︎脱衣所の棚

脱衣所の棚の奥の茶色の汚れ。施主様がおっしゃるには、毛染めの液が固まってしまったとか。固まってしまっている薬剤を剥がすのは、素材を痛めてしまう可能性があるので、難しいです。慎重に剥がしましたが、少しだけ、あとが残ってしまい無念。

しかし、施主様には「何を試しても取れなかったのにとれた!」と喜んでいただけました。​ガビガビした塊が気になっていたのですね。喜んでいただけたので、よかったです。

▶︎キッチンシンクの研磨クリーニング

戸田公園駅すぐ近くの在宅クリーニングをさせていただいたキッチンです。

表面の汚れやカルキの塊などをしっかり落とした後で、傷を消す研磨クリーニングを施しました。

8年住んで初めてのハウスクリーニング。どこまできれいになるのか半信半疑だった施主様も、輝きを取り戻したシンクに、感激されていました。

▶︎トイレの便器

このトイレ綺麗なほうですが、それでも、そこの方に水垢が溜まっています。

​こうなってしまうと、トイレブラシでは綺麗にならず、放置してしまいますね。

一旦、水を抜いて、磨いてあげれば、綺麗になります。そこの水垢だけでなく、全体的に陶器の光沢も戻りました。

トイレの床面もピカピカに磨いたら、最後に、ワックスをかけて、クリーニング終了です。

▶︎バスルーム給湯器パネル

石鹸カスとカルキの塊、バスルームによくある風景です。

家庭によくある市販のバスクリーナーではなかなか落ちないので、悩まれている奥様も多いのではないでしょうか?

力を入れてこすってしまえば傷がついてしまうので、傷つけないように蘇らせるのが、腕の見せ所です。

▶︎洗面台ボウル

​川口の賃貸マンションの洗面台。

毎日目にする洗面台は、綺麗になっていると気持ちが良いですね。

​研磨はせず、クリーニングだけで対応。研磨をしなくても、ここまで綺麗になります。汚れはもちろん落ちていますが、陶器の光沢も蘇りました。

▶︎洗濯パン

​川口の賃貸マンションの洗濯パン。

洗濯機をどかせば、どこのご家庭でも、このような状況になっていることでしょう。

ほこりとカビ。排水溝もヘドロがたまり、真っ黒です。洗濯機から何か臭う・・・その理由はこれです。クリーニングで綺麗になりました。​新しく入居される方も、これなら気持ち良く引っ越して来れますね。

▶︎カステーブル台

​賃貸マンションのキッチン。

ガステーブルを置く台ですが、油や調味料が落ちたのでしょうか?油らしき汚れでべたべた。油の下の錆が心配・・・。

しかし、クリーニングで、ほぼ、綺麗になり、光沢も戻りました。

一部サビは残りましたが、この程度であれば、錆止め塗布で大丈夫でしょう。

​古い賃貸マンションですが、室内は、古さを感じさせないほど、綺麗になりました。

▶︎ベランダと室外機

​川口の古いマンションのベランダです。室外機はどのご家庭もこの程度の泥汚れはあると思います。この室外機は、室外機の下と裏側の隙間に、泥汚れ、ほこり、それから、ハンガー、洗濯バサミ、Tシャツ、タオル、おもちゃ・・・などがたくさん出てきました。余計なものを取り除いてから、きれいに、洗いました。ベランダの床も、泥やほこりが固まっていて、排水溝も、ヘドロや髪の毛がつまって流れにくくなっていました。外だから、この汚れは、仕方ないですね。

▶︎バスルーム エプロンとエプロン内部

エプロンつきの湯船は、エプロンを外して、内部までクリーニングします。

入り込んだ石鹸カスなどを餌にして、カビも増殖。このカビが風呂場の嫌な臭いの原因になります。一見きれいに見えるエプロンの表面も、実は、石鹸カスでザラザラしてますが、きれいになったエプロンは、こするとキュツキュッと音がなります。その音を確認して、バスルームのクリーニングが完了です。​カビ臭もきえて、全体的に明るく、快適なバスルームになりました。

▶︎ベランダ 鳥の糞

​川口の古いマンションのベランダです。

空室だった期間が長かったのか、2部屋のクリーニングに入って、2部屋とも、ベランダに鳥の糞がべっとり。鳩の住まいになっていたのですね。匂いもかなりひどかったです。鳩の分は、かちかちに固まってますので、まずは、落とせるところまで、はがし落とし、そして、水洗い。残ってしまった部分は、洗剤を使って、丁寧に磨きました。次に住まわれる方は、鳩が住んでいた気配を、みじんも感じずに、入居できる状態に戻りました。

▶︎エアコンのカビ

15年前に購入したエアコン。タバコを吸わないお宅のエアコンでしたが、15年間一度もクリーニングしたことがなかったので、汚水も真っ黒で、カビの塊が流れ出ました。クリーニング一番の効果は、匂い。カビが消えたことで空気もクリーンになりました。内部はもちろん、カバーも光ってます。長くても、2〜3年に1度のクリーニングをお勧めします。